ただいま、新メンバーを大募集中です!!

     

募 集 状 況

当楽団では、確実に編成を完成に導ける手段として「定員制」による募集を展開しています。

 特定のパートだけが膨らみすぎたり全体とのバランスが偏らないよう、当初から編成を考えることで音楽的・組織的バランスを保つこととしており、このように徹底した定員制のアマチュアバンドは、全国的に見ても珍しいスタイルです。


 【表の見かた】
  ・編成定数…当団が目標としている各楽器ごとの奏者数。
  ・現団員数…仮入団者を含む、メンバー数(状況により、変動することがあります)。
  ・募集数 …現在、募集している人数

(補足)
 *1…持ち替えにより双方の楽器を演奏する奏者で、両方の楽器をお持ちの方。
 *2…E♭クラリネットと両方お持ちの方でも募集しております。

 *クラリネットの編成は1st-3、2nd-3、3rd-3。E♭・B♭との持ち替え奏者は、原則1stに含めています。
 ※編成外の準団員として「Piano」奏者を1名確保しています。
  また、「English Horn/ Electric Bass / Electric Guitar」の確保を検討中。

募 集 要 項

【こんな団員を求めています!】
  ・私たちの考え、めざす楽団像にご賛同いただけるアナタ
  ・音楽や、楽器や吹奏楽が もう好きでしかたがないアナタ
  ・同じやるなら、よいものを目指したいアナタ
  ・お客さまと共感し、ともに喜びあえるようなステージに出会ってみたいアナタ

…本当に実現するには、数々の難題があります。私たちも、たくさんの練習を積まなければなりません。
ですが、その実現に向け「すべての仲間が手を取り合える」。そんな楽団を目指しています。

 また、一般団員と併せて
 準団員(イングリッシュホルン・ファゴット・エレキギター・ドラムス)も募集中
です。

お問い合わせ、ご質問など、 こちらのメールフォームより
どうぞお気軽にお寄せください。
お待ちしております♪


【募集条件】
・満年齢18歳以上。
 ただし、満18歳で現在高等学校在籍中の方は、吹奏楽部等においていわゆる「現役引退」されている方で、
 かつ、保護者・親権者の同意が得られる方を条件とします。

・吹奏楽編成の楽団、部活動での経験をお持ちの方。
・楽器を自己所有している方。
 (打楽器については、今後購入して揃えることとなりますので別途ご相談となります。)
・通常の練習に「やむを得ない場合を除き」支障なくご参加できる方。
・ブランクについては「数年程度の範囲」で、かつ「練習に問題なく参加できる方」であれば問題ありません。

【入団をお受けできないケース】
・楽器初心者の方
・吹奏楽(楽団・部活動)の合奏経験がない方
⇒ご不明な点はお問い合わせください。


【仮入団制度について】
 当楽団では、双方が納得して入団できるよう、「仮入団制度」を設けております。
具体的には、このバンドでやっていけるかどうかを双方が確かめるため、最初練習4回相当を体験入団期間と定め、入団届の受理と団費納入義務の発生は行わないものとします。

【入団までのフロー】
 まずは、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください
 聞きたいこと、知りたいこと、何でも聞いてください!
  ↓
 興味が出てきましたら、一度練習場にお越しいただき、
 見学していただくか、楽器持参で練習にご参加いただき、直接雰囲気を確かめてください♪
  ↓
 ご意志を確認のうえ、1か月間の仮入団(最初の練習日より、4回を仮入団とします)。
 団費は発生しませんが、その他については一般団員とほぼ同じ条件でご参加していただきます。
  ↓
 仮入団期間終了後、楽団よりご意向を確認し、正式に入団となります。

活 動 の 概 要

定員制により編成される演奏者と指揮者により構成する吹奏楽編成による活動を主体とし、下記の活動を行います。
 ・定期練習
 ・定期及び不定期の主催公演
 ・地域演奏活動
 ・その他の活動

【活動の拠点】
 京都市北文化会館をメインに、京都市内とその周辺。
 練習場所については、現状としてその都度公共施設を借用しての練習となっております。

【練習日】
 主として
 ・土曜日の夜間(18時から21時)基準練習日
 ・日曜日(夜間・もしくは午後:13時~17時)振替練習日
 の時間帯を基準に、どちらか週1回の練習日程で活動しています。

【団費】
 団員の年齢・職業にかかわらず一律4,000円/月。
 入団金等は徴収いたしませんが、状況により別途臨時徴収(演奏会負担金等)があります。

これまでのお問い合わせにあった、「よくある質問」です♪

Q1…学生を卒業してから、ブランクがあるのですが…?
A1:多少のブランクは、問題ありません♪
 本楽団に入団していただいた方には、学生卒業以降数年にわたって楽器をお休みしていた方もおられます。
ブランクがあっても、実際にはきちんと練習をしていけばある程度のところまで回復するのは結構速いものですが、
最終的には、日々の合奏に問題がないかが焦点になります
 まずは練習にご参加いただき、当団の音楽を感じてみてください。

Q2…自分の技術では、楽団の理想とする音楽についていけるか不安です…
A2:仮入団でご参加いただき、判断してください!
 吹奏楽に必要な技術が、どの程度の技量をお持ちなのかは、実際に演奏を通して見させていただきたきます。
 そのために、当団は「仮入団制度」を設けていますので、まずご一緒に練習してついていけるかのご判断をしていただければと思います。

Q3…現在、不規則勤務で仕事をしていますので、毎回練習に来られないのですが…
A3:「基本的」には問題ありません。
 団員の中にも、不規則勤務で活動しているメンバーが多数います。
 ただ、ご入団いただくと、このバンドの編成上、あなたの代わりはいません。
 大事なのは、メンバーが欠けることにより生じる「穴」を、どうフォローし、埋めていくかだと考えています。

Q4…大学生なのですが、長く京都にはいないかもしれません…それでも入れますか?
A4:全然、大歓迎です!
 京都という土地柄、大学入学のために府外より移住し、卒業後はまた新天地へ、または故郷へと旅立つ方は多い環境です。
そういう流れの中で「人の入れ替わり」というのはあることですし、避けては通れないものです。
 例え数年間のお付き合いでもご一緒に音楽を楽しみ、重ねた経験が「ここで音楽をして、よかった!」と思っていただけるよう、私たち運営側ももがんばらなければなりません。…というわけで、大歓迎!です♪

Q5…経費とか団費って、どのくらいかかりますか?
A5:月団費と、臨時徴収です。
 毎月かかる経費は、団費としてお預かりする4,000円です。学生でも同じ額となります。
団費は、練習場代と音楽監督への報酬、備品購入など、楽団の維持経費に充てられます。この他、演奏会を開演する場合は会場費や付帯費用の出資負担金(現在は4,000円前後)などがかかります。

Q6…自分のパートが「募集終了」となっているのですが…
A6:私たちの楽団では、それぞれのパート・楽器の本数・奏者の定数を定めた「定員制」方式を導入しているため、団員数と仮入団者の合計が定数に満たされたパートにつきましては「募集終了」と表示しております。
 ただし、状況の推移によりまずはご一緒に合奏を体験していただくなどの方法もございますので、まずは「メールフォーム」にてご相談ください。